こんなに違う?学校評価のアレコレ

>

学校評価のメリット

教員側に与えられるメリット

学校、または教育と言うと通っている生徒が主役なイメージがあります。しかし学校評価は生徒だけを評価する物ではありません。
教員が行う授業も評価されるので、生徒が感じている満足度や理解度を明確に知れます。授業の評価は自分への評価に繋がるので、授業力向上に向けた研修を積極的に受ける事が出来ます。
また評価が上がれば自信を持てるので、モチベーション維持にもぴったりです。採用数教員数が増えるので、バランスの取れた教職員配置がしやすいのも特徴です。
またアンケートを通じて保護者や近隣住民の声をダイレクトに聞ける様になったので、学校教育活動や学校運営を通してコミュニケーションを取りやすくなりました。もちろん生徒一人ひとりの活動機会を設定しやすいのもメリットの一つです。

生徒側のメリット

学校の規模によっても柔軟に対応が出来るので、生徒としては人間関係を作りやすいのも特徴です。義務教育内で積極的に人間関係を構築しておくと、社会性が磨かれるので非常に注目されています。
また一人ひとりに合ったカリキュラム、勉強方法を設定出来るので授業に置いていかれる事が少なくなり、いわゆる落ちこぼれをピックアップする手段の一つになります。それによって授業に多様性が生まれ集団でも認め合い、協力しやすい環境が生まれます。協力する事で、生徒の素質や能力を伸ばしやすい環境になるのも大きなメリットではないでしょうか。
学校と言う場所は勉強だけでなく、社会性を身につける場所でもあります。学校評価はその社会性を育む為のサポートをしています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る