こんなに違う?学校評価のアレコレ

学校評価で何が変わる?その取り組みとメリットについて

学校評価の取組み

日本で定められている義務教育は小中学校で、その9年間の内に勉強だけでは無く人間らしい生活を送る為に、様々な物事を学びます。集団生活をする事で社会性を学び特には楽しい、辛い事もあります。卒業してからはいい思い出になるケースが多く、大人になってからふと学友に会いたくなる事もあります。
そんな学校ですが、2007年に学校教育法が改正され新たに学校評価と言う取り決めが決まりました。今回はこの学校評価にスポットを当てて紹介していきたいと思います。
この新しい教育方法は学校ごとの情報を、保護者や地域住民に情報を提供する物であり従来の教育方法とは異なります。
従来の教育方法と言えば、情報は学校、または教育委員会で情報は共有されますがそれ以上に提示される事はありませんでした。その為その学校独自のカリキュラムであったり、ルールが存在したりしました。それがプラスに働けば良いのですが、教員・生徒共に数多くの人間がいるのでそうもいきません。保護者は子供が通っている学校の詳細な情報を知るには同じ学校に通う保護者へ確認をする、あるいは子供から直接聞かなければなりません。ネットが発達してからは学校のHPにカリキュラムや取組みが公開される事はありましたが、全ての学校で行われている訳ではありません。
これらを可視化し、教員や生徒だけでは無く学校に関わる多くの人が、教育の現状を知る事が出来る様になりました。子供が学校に通う保護者は当然ですが、教員を目指している方も参考にしてみて下さい。

TOPへ戻る